刺されると死亡することもある!ズメバチ駆除で知っておくべき知識

地中に巣を作る蜂!早急にスズメバチ駆除業者に依頼

蜂の中でも攻撃的なスズメバチ駆除を安全にするために

スズメバチ駆除が必要とされる背景

蜂の巣

蜂は種類によって、巣を作る場所が異なります。スズメバチの場合は、昆虫を餌として捕獲するため、都心部よりも山林や森林のほうが巣作りに適した環境です。人目に付く場所ではなく、樹木の根元や倒木、そして土の中に巣を作ることが多く、簡単に発見しにくい場所に巣を作るためスズメバチ駆除の需要が高いのです。

縄張り意識が高く攻撃的な性格

蜂の中でも大型なスズメバチは、地中や樹木の根元などの閉鎖空間に巣を作ります。知らずに巣に近づいた場合や巣に振動が伝わった場合も、敵と認識して攻撃してきます。また、縄張り意識も高いので餌場に侵入しただけで、一斉に攻撃を仕掛けてくるので非常に危険です。巣の周辺や、餌場に接近してしまい、襲撃を受けたケースも多発してます。

刺されないためにはどうしたら良いか

男性

山林や森林を通る際や作業をする際は、巣に近づかないことが鉄則です。発見した場合も、石を投げたり、棒で突いたりと、刺激をする行動は絶対にしてはいけません。巣の近くで大声を出すことも危険な行為です。巣から距離を保ち、刺激しないことが重要です。また、山林や森林では、香水やポマードなど香りの強いものが、蜂を刺激することがありますので、使用を控えるようにしてください。巣を見つけても 自分で退治せずに、スズメバチ駆除業者に連絡 したほうが無難です。

スズメバチ駆除業者を呼ぶ前に行なうこと

蜂には活動の期間があり、女王蜂の場合は巣作りのため、4月~6月が活発になります。働き蜂の場合は餌を集めるため、6月~9月が活動期になります。これらの期間に誘引トラップを仕掛けて、蜂が捕まった場合は、周囲に巣がある可能性が高いでしょう。誘引トラップは、最低でも30日間設置してください。そして、重要となる設置場所は、地面から1m~3mくらいの高さで直射日光を避けられる場所にしましょう。樹木やフェンスなどが最適です。もし、蜂が捕まったら、山林や森林に入る前に、スズメバチ駆除業者に巣を探してもらいましょう。

営巣を刺激したがために起きた悲劇

地中の中のハチの巣

住宅の軒下や天井裏などに蜂の巣が多いイメージがありますが、山林の土中にも作っている場合があります。とくにスズメバチはその傾向にあります。土中だと見えないため、知らないうちに巣を攻撃してしまい刺されしまうことがあり、大変危険です。ですから、山林で作業を行なう前にスズメバチ蜂駆除業者を呼び巣の撤去や蜂退治をしてもらいましょう。そうすれば安心して作業を行なえます。

蜂に刺され24名もの人が命を落とした年もある

厚生労働省の発表によると、ある年日本全国で有毒生物との接触により、年間で30人の死者がでました。このうち、24名が蜂に刺されたことによって命を落としたのです。死者の大半が蜂によるものでした。蜂に刺されて死亡する方が多いのは、アナフィラキシーショックの影響です。蜂毒に対してアレルギー反応を起こしてしまう人もいて、重症な人は呼吸困難になり、命を落としてしまうのです。

実際に起きた事故もある

千葉県成田市の山林でスズメバチに刺された5人の成人男性が、病院に搬送されました。このうち、55歳の男性1人は死亡、4人は重軽傷でした。5人の成人男性は草刈りをしていたとこと、地中に巣を作るスズメバチに気づかずに刺激をしてしまったことで、死亡事故が発生してしまいました。

TOPボタン