刺されると死亡することもある!ズメバチ駆除で知っておくべき知識

地中に巣を作る蜂!早急にスズメバチ駆除業者に依頼

スズメバチ駆除は絶対に1人でしない!蜂から身を守るアイテム

伐採などの作業をするなら防蜂用空調服を着用しましょう

スズメバチ駆除業者が駆除作業を行う前に、山林作業をしなくてはいけないときは、防蜂用空調服を着用すると、安全に快適に作業できます。

念のために持っていた方が良いアイテム「ポイズンリムーバー」

夏場の山林作業では、蜂に刺されないための対策も重要ですが、通常の防蜂服は暑さが最大の敵になります。防蜂用空調服は、内部に空気を循環させるシステムを搭載しているので、涼しく作業ができます。夏場に作業を行っても熱中症になるリスクを軽減してくれるでしょう。空気が循環して膨らむので、毒針が皮膚に届きにくい構造になっていますが、100%防げるわけではありません。首にタオルを巻いたり、スボンの裾を長靴の中に入れたりと、しっかりと対策をすることが重要になります。

山林作業を行なう場合や、キャンプや登山などのアウトドアではポイズンリムーバーが欠かせません。万が一、蜂に刺されてしまっても、すぐに応急処置をすることができるので安心です。ポイズンリムーバーを所持していると、蜂やアブなどの毒を持っている虫に刺されても、患部から毒を吸い出すことができるので、症状を緩和することができます。また、皮膚に残った毒針も安全に取り除くことができるでしょう。しかし、ポイズンリムーバーは、あくまで応急処置ですので、すぐに病院に行き治療してもらいましょう。

スズメバチの毒はマムシよりも強力なので、刺されると痛みだけでなく、命を落としてしまう危険もあります。蜂の中でも、特にスズメバチによる死亡事故は多く発生していて、アナフィラキシーショックを起こしてしまう人は、1匹に刺されるだけで死亡してしまうケースもあります。また、地中に巣を作るスズメバチは、巣の規模を把握しにくいでしょう。大規模の巣の場合は、500匹以上もの蜂がいます。一斉に飛び出して総合攻撃するので、1人で蜂退治をすることは危険ですし、近隣にも被害が出る可能性があります。

TOPボタン