刺されると死亡することもある!ズメバチ駆除で知っておくべき知識

地中に巣を作る蜂!早急にスズメバチ駆除業者に依頼

スズメバチ駆除のための情報収集〜被害を未然に防ぐために〜

まずは生態や習性から知りましょう

スズメバチは、蜂の中でも最も獰猛な性格をしていて、刺されて死亡する方もいます。身を守るためには、生態や習性を把握することが大事です。

土中にあるスズメバチの巣について

スズメバチは、北海道から九州まで日本全国に生息していています。蜂の中でも最も大型で、女王蜂は4?〜4.5?程度、働き蜂は3?〜4?程度の体長です。そして、蜂の中でも強力な毒をもっていて、攻撃的な性格をしているので、特に注意が必要な蜂です。毒針だけが武器ではなく、強靭な大顎を持っています。戦闘時には顎で相手を食いちぎることもあり、噛まれるとかなりの痛みを感じます。また、巣に近づいた敵を威嚇する習性があり、カチカチと警告音を出した後に、襲撃してきます。しかし、獰猛なスズメバチにも天敵は存在しています。ハチクマという鳥は、蜂の巣ごと持ち帰りヒナの餌にしますので、ハチクマが近づくと逃げていくそうです。

スズメバチは閉鎖空間に巣を作ります。枯れ葉や枯れ木で集めた繊維を、唾液のたんぱく質で固めることにより、和紙のような状態して作り上げていきます。地中や樹木内部にあるスズメバチの巣は、体のサイズに合わせて大規模になります。六角形の管を多数集まっている巣盤を作ります。巣盤を幾層にも繋がることで、地中に巨大な巣が完成します。

スズメバチの生態や習性を把握して、被害が出る前にスズメバチ駆除業者に退治してもらうことが大事になります。特に、雨の少ない暑い夏の時期は、被害件数が多くなる傾向にあります。早めに対策をするように心がけましょう。スズメバチはとても獰猛な性格をしているために、スズメバチ駆除業者に退治を依頼するだけでなく、近隣住民に情報を共有すると良いでしょう。駆除作業が完了するまでの間、避難しておくことで被害に遭うことを防げます。

TOPボタン